ホーム > 虎亀電工について

虎亀電工について

1976年(昭和51)、電気工事の認可を受けて創業。

社名を『虎亀電工』としました。そもそも“虎”は社長である妹尾義男の干支。では“亀”はと言いますと、妹尾の子ども時代までさかのぼります。あれはまだ2歳半ほどのころ、父親の知人から貰った飴を、母親にもあげようとしましたが、あまりにギュッとにぎりしめていたために、飴がくっついて手が開けません。それを見た母親が「あらま?この子は“がめ”だわ?(笑)」と言って以来、妹尾のあだ名になりました。“がめ”とは“がめつい”ことですが、決して妹尾が、がめついわけではありません。

代表挨拶

昨年の辰年、虎亀電工は、創業36周年を迎えました。飛躍の年といわれる辰年に産声をあげ、年男ならぬ、まさに4度目の年会社となった節目の年に、将来を見据えた取り組みの一環として、新社屋の完成を果たすことができました。

これも偏に、皆様のお陰と感謝申しあげます。

振り返れば、心もとない私ひとりの出発でした。年を重ねるごとに、ひとり、ふたりと頼もしい従業員たちが集まってくれ、現在、総勢31人、平均20代後半の、活気ある会社に成長することができました。

主とする仕事は、西日本電気システム㈱様ならびに西日本電気テック㈱様からの依頼を受け、西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)様の電気工事および保全を請け負わせていただいております。その他、公共工事や一般工事も手がけさせていただいております。

今後も、体制を崩すことなく、お客様の期待に添えるよう、より技術の向上を計ってまいります。さらに、安心・安全を提供し続けることを目標に、認証取得ISO9001(品質)ならびにISO14001(環境)を基本にし、PDCAサイクルによって、PLAN(計画)・DO(実施)・CHECK(検証)・ACTIONA(対策)の定着化を計りながら、品質のより良い仕事を提供できるよう社員一丸となって刻苦精励してまいります。

経営理念

会社という組織に集まった人々は、考え方や能力はすべて異なります。ゆえに、集まる個人を組織として強固な目標にむかって結束させる。それが(有)虎亀電工の経営理念です。

社是

私たちは、「福心」と書いて「豊かな心」と読み、社会への貢献を通し、その実現に全力を尽くします。

社訓

◎企業は豊かな心をもって人に接する ◎企業は誠実さをもって基本に忠実である ◎企業は仕事の真の楽しみを知っている

会社概要

会社名 株式会社 虎亀電工
本社所在地 鳥取県米子市上福原1315-1
電話番号 0859-35-0928
代表者 代表取締役 妹尾 義男
資本金 23,000,000円
業務内容 電気工事業
一般建設業 電気通信 消防施設工事業
許可番号 般 19-4016号
特定建設業 電気工事業
許可番号 特 21-4016号
従業員数 27人

ISO承認取得

認証書

環境方針 弊社は鉄道及び建築物等に係る電気工事をを行うに際し、様々な環境負荷の低減に努めます。廃棄物の削減、騒音の低減など環境に配慮した生産活動を実施し、近隣住民との共栄をはかります。

  1. 1)弊社の生産活動に関わる環境影響を常に認識し、環境保全活動に積極的に取り組み、環境汚染の予防に努めます。
  2. 2)法規制および弊社を取りまく関係者様との取り決めを遵守し、環境に配慮した行動をとり、地域社会発展への貢献を約束します。
  3. 3)環境負荷(無駄・汚染の予防)の軽減を目指し環境目的・目標を設定し、積極的に見直しを行うことによって、全社員が一体となって継続的な改善に努めます。
  4. 4)全社員及び協力企業が環境方針に沿った行動が取れるように、教育と啓発に努めます。
  5. 5)この環境方針は、全社員及び関係者全員に周知すると共に一般にも公表します。

平成22年4月1日 制定
株式会社虎亀電工
代表取締役社長

品質方針 技術力の向上を図り、お客様の信頼を得る仕事を忠実に行う。

  1. 1)当社は法規を遵守し、かつお客様の要求に最大限に適合する施工を行う事を最優先とします。
  2. 2)マネジメントレビューを実施し、品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善をします。
  3. 3)品質方針の実行を確実なものとするため、各部門は品質方針に即した年度品質目標を設定し、その実行とレビューを行い、目標の達成を図ります。
  4. 4)当社は品質マネジメントシステムの効果的運用のため、適切な資源を配分します。

2010年4月1日
株式会社虎亀電工
代表取締役 
妹尾義男